四季の道と城下町神戸散策 9km(鈴鹿市)

自動車レースの最高峰・F1が開催されることで有名な鈴鹿市ですが、日本のほぼ中心に位置し、海と山など自然に囲まれた環境で、産業と文化がバランスよく発展しています。

今回紹介するコースはそんな鈴鹿市の中でも戦国時代以前から、現在に至るまでの歴史と、そこに生活する文化を多く紹介する道です。

コースマップはこちら

 

コースの見どころ

START 近鉄鈴鹿線 平田町駅

近鉄名古屋線の伊勢若松駅を起点とした鈴鹿線の終着駅です。

1963年鈴鹿市駅から平田町駅間の延伸に伴い開業しました。

 

金生水沼植物群落

国の天然記念物に指定されていて、食虫植物など珍しいものもあります。

この地に豊富な湧水がある事で、多くの湿地植物が残っているといわれています。

真宗高田派六寺院

如来寺と太子寺を中心に、良珠院・常超院・寿福院・摂取院と6つの立派な寺院があります。

伊勢地方における真宗高田派の重要拠点として、この地が位置付けられています。

神戸城跡(神戸公園)

戦国時代に、神戸貝盛(とももり)によって築かれたお城です。

織田信長の子・神戸信孝が五層の天守閣を誇る城を築いたとされています。

近鉄鈴鹿線 鈴鹿市駅

近鉄伊勢若松駅からも、平田町駅からも4.1kmの距離にあります。

近鉄戦の中では、鈴鹿市役所に最も近い距離にあるため市名が駅名となっています。

関連記事

  1. 鈴鹿・花と歴史の遊歩道 12㎞(鈴鹿市)

  2. 鈴鹿の伊勢街道と伝統産業を巡る 11㎞(鈴鹿市)

  3. 四日市北部沿岸沿いの自然公園を巡るコース 9.9㎞(四日市市)

  4. 伊勢街道(伊勢街道・外宮、内宮へのみち) 6㎞(伊勢市)

  5. 幻の都「斎宮」を歩く史跡ウォークの道 8km (明和町)

  6. 史跡千種城跡めぐり 12km(菰野町)

  7. 大黒屋光太夫ふるさと散策 8km(鈴鹿市)

  8. 東海道・関宿、街並みを巡るみち 5㎞ (亀山市)

  9. 海の見える里山と大黒屋光太夫コース 13㎞(鈴鹿市)