国府白浜縦断コース 18㎞ (志摩市)

コースの特徴

2022年5月22日(日)に開催されました第10回伊勢志摩ツーデーウォーク・2日目のロングコースとして設定されたコースです。

このコースは広々とした砂浜が続き、多くのサーファーが集まる事で知られる国府の白浜など、志摩市の海の景観を楽しめ、多少のアップダウンもあるものの、海風を感じながら気持ちよく歩くことができるコースです。

伊勢志摩ツーデーウォーク

伊勢志摩ツーデーウォークは毎年10月に開催をしている三重県でも有数の規模を誇るウォーキング大会です。

この大会では海の景観がとにかく美しい志摩市の見どころを満喫できるコースが、数多く用意されています。

伊勢志摩ツーデーウォークについて詳しくはこちら

コースマップ

コースの見どころ

阿児アリーナ

阿児アリーナは鳥羽志摩で第一の施設と設備を持つスポーツと文化の交信基地で、ホールとしてだけでなく体育館としても機能しています。

隣接して志摩市立図書館や阿児ふるさと公園があります。

阿児アリーナについて詳しくはこちら

神明神社

神明神社は伊勢神宮内宮の主祭神である天照大御神などを祀る神社で、明和40年11月旧神明村にあった小祠を合祀して、神明神社と名乗ったとされています。

長い階段の参道を登っていった先に、社殿があります。

神明神社について詳しくはこちら

国府の白浜

遠浅で緩やかなカーブを描く海岸で、広々とした砂浜が続き、浜の南部には松原が広がります。

サーフィンができる海岸として有名で、年間を通じて多くのサーファーが訪れます。

国府の白浜について詳しくはこちら

 

投稿者プロフィール

多田 夏彦
多田 夏彦三重県ウオーキング協会普及指導部長
合同会社ランシス代表社員|三重県ウオーキング協会事務局長として三重県内のウォーキングの普及およびウォーカーのモチベーション創りを目指しています。
合同会社ランシス

関連記事

  1. 心にのこる、いなべ・三岐鉄道北勢線沿線を歩くみち 13㎞ (いなべ市)

  2. 多度山水郷展望コース 14㎞ (桑名市)

  3. 赤目四十八滝へのみち 8km (名張市)

  4. 四季の道と城下町神戸散策 9km(鈴鹿市)

  5. 世界遺産・熊野古道満喫コースinおわせ 17km (尾鷲市)

  6. 伊勢街道・外宮、内宮のみち 11km (伊勢市)

  7. 海の見える里山と大黒屋光太夫コース 13㎞(鈴鹿市)

  8. 海岸線を歩く国府白浜縦断コース 20㎞(志摩市)

  9. 七里の渡し・大福田寺コース 6㎞ (桑名市)