心にのこる、いなべ・三岐鉄道北勢線沿線を歩くみち 13km(いなべ市)

三岐鉄道北勢線は、日本では数少なくなった762mm軌間のナローゲージ鉄道です。

ナローゲージ鉄道、以前は全国各地にありましたが、現在は四日市のあすなろう鉄道と三岐鉄道を残すのみとなっています。

今回紹介するコースは、ナローゲージ鉄道の沿線にある、大正から昭和初期の建物が多く残る、懐かしい風景の中を歩くコースです。

コースマップはこちら

コースの見どころ

三岐鉄道北勢線 阿下喜駅

三岐鉄道北勢線の駅で、同線の終着駅です。

駅の南側には、軽便鉄道博物館が隣接しており、地域の市民団体によって運営されています。

眼鏡橋

日本全国に数多く存在している眼鏡橋の中でも、大変珍しいコンクリートブロック製です。

三連式のアーチが美しく、三岐鉄道北勢線の代表的な撮影スポットとなっています。

 

八幡神社

帝国陸海軍現存兵器リストを収められている実物の砲弾と機雷が奉納されている神社です。

 

員弁川散歩道

員弁川右岸に沿って整備された散歩道で、直線コースを気持ちよく歩くことができます。

桜や紫陽花など季節の草花が楽しめるのも大きな魅力です。

三岐鉄道北勢線 阿下喜駅

三岐鉄道北勢線の駅で、同線の終着駅です。

駅の南側には、軽便鉄道博物館が隣接しており、地域の市民団体によって運営されています。

 

関連記事

  1. 四季の道と城下町神戸散策 9km(鈴鹿市)

  2. 海の見える里山と大黒屋光太夫コース 13㎞(鈴鹿市)

  3. 陽光きらめくウェブサウンドロード 15㎞(志摩市)

  4. 桑名城下町「水と歴史」を訪ねるみち 6.2km(桑名市) 

  5. 鈴鹿・花と歴史の遊歩道 12㎞(鈴鹿市)

  6. 鈴鹿山脈ときらら湖の絶妙な風景と出会える道 12.5km(菰野町)

  7. 菰野の里山を歩く 13km(菰野町)

  8. 湯の山温泉の里山をゆっくり歩くための道 10km(菰野町)

  9. 大黒屋光太夫ふるさと散策 8km(鈴鹿市)