海女と真珠の里海散策コース(志摩市)

志摩市のシンボルとも言える志摩パールブリッジ(正式名称・志摩大橋)や、絶景スポット・丸山橋など、美しいアーチを描く橋を渡りながら歩けるコースです、

コースの中心となる志摩の和具エリアは、鳥羽市の菅島や相差と並んで、海女の多い地域として知られています。

コースマップはこちら

 

海女と真珠の里海散策コースは社団法人日本ウオーキング協会が認定した、1年中、いつでも、誰もがウォーキングを楽しめるようスタート・ゴール地点のステーションを常設した「イヤーラウンドコース」の一つです。

イヤーラウンドコースについて詳しくはこちら

コースの見どころ

START 志摩文化会館

館内には志摩市立図書室や、志摩市役所志摩支所があります。

 

志摩ふれあい公園

志摩市志摩B&G海洋センターに隣接する場所にあります。

志摩市のスポーツ拠点で、市内で唯一の400mトラックを有する志摩総合スポーツ公園に隣接する公園です。

 

 

志摩丸山橋

「日本の道百選」に選ばれたバイパスの途中にある、力強いモダンな作りが特徴です。

リアス式海岸の岸と岸をつなぐ橋で、英虞湾を一望できるビューポイントです。

志摩パールブリッジ

正式名称・志摩大橋は橋長234mdのアーチ形の橋で、その名の通り真珠の海にかかる真珠色の橋です。

志摩市屈指の観光スポットの一つで、シンボル的存在でもあります。

和具漁港

志摩町の中心にあり、外洋に面した和具漁港は、三重県でも屈指の規模を誇っています。

集まる魚介類は、本釣りなどで漁獲されるため、伊勢えび、あわび、かつお、いか、ぶり、たい、いさきなど、高級魚が多いのが特徴です。

和具観音堂

本尊の11面観音立像は三重県の指定文化財で、173㎝の大きさがあります。

現在も念仏講が盛んに行われ、信仰が厚いようです。

GOAL 志摩文化会館

 

参考 イヤーラウンドコースの利用方法

1.各コースのウオーキングステーションにて受付をし、コース利用料200円と損害保険加入料60円を支払いコースマップを受け取ります。
*JWA会員およびJWA加盟団体で損害保険に加入している方は60円無料
*コース利用料はマップ作成等のコース維持費用に充てさせていただきます。

2.三重県内のコースを初めて利用される方には、県内各コースで使えるパスポート(ウォーキングステーションみえ)を無料でお渡しします。

3.自分のペースでウオーキングを楽しみ、ゴールのウォーキングステーションに戻ってきてください。

4.ゴール後、お手持ちのパスポートに完歩認定スタンプを押してもらいます。

5.三重県内や全国各地のコースを歩いて、スタンプをためていきましょう。スタンプの数に応じて完歩賞などがもらえます。

関連記事

  1. 陽光きらめくウェブサウンドロード 15㎞(志摩市)

  2. 四季の道と城下町神戸散策 9km(鈴鹿市)

  3. 歴史ふれあい街道 -松阪路ー 12㎞(松阪市)

  4. 大黒屋光太夫ふるさと散策 8km(鈴鹿市)

  5. 海の見える里山と大黒屋光太夫コース 13㎞(鈴鹿市)

  6. 鈴鹿の伊勢街道と伝統産業を巡る 11㎞(鈴鹿市)

  7. 伊勢街道・三雲町から松阪市へのみち 10km (松阪市)

  8. 伊賀上野芭蕉お散歩道 10km(伊賀市) 

  9. 伊勢内宮・外宮をめぐる 11㎞(伊勢市)