11月19日(土)・20日(日)第17回おわせ海・山ツーデーウォークが開催されました

コロナ感染拡大の影響で2年連続で中止となりましたおわせ海・山ツーデーウォークが、11月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり2年ぶりに開催されました。

世界遺産熊野古道の馬越峠や八鬼山や、尾鷲の街並みを歩ける、全国でも指折りの景観、そして熊野古道コースではきつさを誇るとされるおわせ海・山ツーデーウォーク。

19日(土)はウォーキングをするには絶好の晴天の中、ウォーキングをスタート。

23km、15km、9kmのコースに分かれて、尾鷲の海、山、空を満喫いただきながら歩いていただきました。

20日(日)はあいにくの大雨の中、参加者の皆様の安全を第一優先に八鬼山登山コースは変更となりましたが、普段ではなかなか経験できないほどの強い雨の中、多くの参加者の皆様に歩いていただきました。

参加者の皆様からは「尾鷲の山道の傾斜のキツさに、特に下りで脚がガクガクになった」「今まで歩いた中で一番ハードだった」などといった声とともに、「これぞ尾鷲、と思えるウォーキングを満喫できた」「今までの大会では味わえないような達成感を味わえた」などといった声も多く聞かれました。