散歩・ウォーキング実施推計人口4913万人と1996年から倍増との調査結果が

コロナに負けずウォーキング人口が大幅に増加

笹川スポーツ財団が実施した「スポーツライフに関する調査2020」によると、コロナ感染症が大きな猛威を振るった2020年の調査において、散歩・ウォーキング実施率(年1回)47.5%、推計実施人口4,913万人という結果が出たそうです。

この調査によると、ウォーキング人口は2006年から増加をはじめ、2010年の47.5%をピークに減少に転じていたそうなのですが、2020年の調査では2010年と同様47.5%と調査依頼最高の実施率となったようです。

ちなみに調査が開始された1996年の調査では散歩・ウォーキング実施率(年1回)22.3%だったという事で、ウォーキング実施率は1996年から2020年の間に倍増したという事になります。

この理由として挙げられているのが「健康志向の高まり」そして「ライフスタイルの一部としてウォーキングが広く普及・定着した事」があると言われています。

特に若年層20~30代の年1回以上のウォーキング実施率は、調査開始以来最高の41.7%の数値をたたき出しており、週1回以上の実施率を見ても25.6%と、若い方々のライフスタイルにウォーキングが着実に定着していることが見て取れます。

ちなみに40~50歳代の年1回以上のウォーキング実施率は46.1%、50~60歳代の年1回以上のウォーキング実施率は54.0%と、50~60歳代では半分以上の方がウォーキングを実施していることになります。

また週1回以上の実施率は40~50歳代で33.1%、50~60歳代で47.0%と、年齢層が高くなるほどウォーキングを習慣化されている方が増えている事がうかがえます。

健康志向が今後よりいっそう高まる事が予想されることよりも、ウォーキング人口はさらに増加していきそうな気配ですね!

投稿者プロフィール

多田 夏彦
多田 夏彦三重県ウオーキング協会普及指導部長
合同会社ランシス代表社員|三重県ウオーキング協会事務局長として三重県内のウォーキングの普及およびウォーカーのモチベーション創りを目指しています。
合同会社ランシス

関連記事

  1. ウォーキングで効果を得るにはどのくらいの時間を歩けばいい?

  2. ウォーキングで得られる身体的健康効果にはどのようなものが?①

  3. ウォーキングで分泌される脳内麻薬・快楽ホルモン「βエンドルフィン」とは?

  4. ウォーキングで得られる精神的健康効果にはどのようなものが?

  5. 1週間にどれくらいの頻度でウォーキングを実施するのが効果的?

  6. ウオーキングで得られる身体的効果